葬儀に関するご紹介サイトです

ホーム葬儀の一般知識葬儀の種類葬儀の費用葬儀社の選び方
Family a funeral

Family a funeral

もしも、愛する人、大切な家族が悲しくも死を迎えてしまったとしたら、その方を最高のカタチで送って差し上げることが、ご家族にできる最高の愛情表現ではないでしょうか。

良い葬儀とはどんな葬儀でしょう。それは、ちょっと言い方は変ですが、家族が思う存分悲しむことができ、心からの感謝を伝えられるものではないでしょうか。家族と参加者の皆が故人の面影にふれ、語らい、お別れの悲しみの中だからこそ、心に残る思い出となる葬儀…。

そのためには、画一的ではなく、故人のお人柄が偲ばれるものでなければならないと考えるべきでしょう。

最近では、「家族葬」という言葉をよく耳にします。「身内だけで落ち着いて別れの時を過ごしたい」「心のこもった内輪だけの小さな葬儀にして、出来たら家計への負担を少なくしたい」という思いから、密葬・家族葬・ 近親者葬に関心を持たれている方も多いようです。東京や埼玉でも葬儀は密葬を行う方が増えました。

それは確かに「故人の会社関係者」など、故人と一度も会ったことのない会葬者に気を使い、あわただしい中でお別れの時間を過ごすというのはいかがなものかという気持ちは理解に難くありません。でも、故人が生きてきた年月の分だけ、人とのつながり、社会とのつながりはありますよね。

身内ではない人の中にも、最後にお別れをしたいと思う方がいるでしょうし、家族葬・近親者葬の場合、親戚縁者のどの範囲で執り行うかなどの問題もあることでしょう。

 

大切な家族のためにいい葬儀をこれらの配慮が充分じゃないために「故人と残された家族に良かれ」と思って選択した「家族葬」や「近親者葬」が、逆にトラブルを生んでしまうような場合もあるようです。

また、誤解されるひとも多いようですが、単純に「密葬・家族葬は費用が少なくて住む葬儀」とは言えません。

故人や家族にふさわしい葬儀をするために、それぞれのその他の葬儀との形式の違いや、どのような注意が必要なのかを予め理解し、葬儀の知識を身に付けましょう。

知識を身に付けた上で納得のいく葬儀が出来るでしょう。


注目サイト

島原で弁護士を探すなら
http://mc-law-shimabara.com/
階段昇降機
http://www.otolift.co.jp/

Last update:2015/10/22

失敗しない家族葬のつくリ方 失敗しない家族葬のポイント 家族葬の作り方 家族葬のQ&A

お墓の基礎知識

リンク

[PR]